2011年9月議会 宮地の個人質問

2期目初めての個人質問は教育課題に絞り、直面する課題について市・教育委員会の見解を
質しました。


【1】大阪府教育基本条例案について


【質問】
大阪維新の会がつくろうとしている「大阪府教育基本条例」は知事の思うとおりの
教育を進めようとする「教育政治介入条例」で「愛国心」や「国際競争力」を
人材育成の柱にする「児童生徒への強制条例」。
さらに教職員を5段階相対評価で競争させる「教育管理条例」。
中西正人府教育長は「適法か疑問がある」「学力調査結果の学校別公表には反対」
「3年連続定員割れの府立高校統廃合は画一的」と批判された。
条例が制定されれば豊中の教育も破壊される。
市長・教育長は条例に反対する姿勢を明確にすべきではないか。

【回答】
淺利敬一郎市長~
教育は、議会と行政、市長と教育委員会が適切な役割分担のもとで進めることが
重要。条例案の審議においては、法律との整合性に留意して慎重に行われるべき。
山元行博教育長~
「教育基本条例」は教職員の人材育成や円滑な学校運営が確保できるか疑問がある。
都市教育長協議会などで条例案に対する疑問や課題を提起し、
大阪府教委に適切な対応を求めていきたい。

【要望】
大阪府教育基本条例がそのまま成立するなら豊中市・大阪府の学校は大混乱し、
子どもたちに大きなしわ寄せが行く。教育を政争の具にすべきではない。
市長・教育長は「条例案」に反対する立場を明確にし、撤回を求めて取り組むべき。

【2】シックスクール対策について


【質問】
豊中市は2012年4月施行を目ざし「豊中市公共施設におけるシックハウス対策指針と
対応マニュアル」の策定を準備中。
昨年、岩手県奥州市立胆沢小学校で、大規模改修工事後の校舎で生徒74人が体調不良を
訴え、うち22人がシックハウス症候群を発症と診断された。
国の基準を守ってもシックスクール事故が起きている。
現在、5中で建替えが進められ、1中、西丘小学校でも予定がある。
校舎増築も数校で予定されている。校舎耐震工事も含め、シックスクールの事故予防・
化学物質過敏症への対応はどのようになっているか。

【回答】
建て替えについては他市・他府県の先進事例や取り組みを調査研究して取り組む。
各学校の児童生徒の個別対応を十分協議して進める。
校舎の耐震補強工事でもシックハウス対策製品の使用に努め、検査確認を厳密に行ない
環境配慮に取り組む。

【要望】
枚方市立第3中学校新校舎建設では、化学物質過敏症の生徒への配慮で施工業者と市が
協力し、新技術を開発するなど努力された。
シックスクールを防ぐ最新の技術を活かすべき。
また、契約段階ですべての子どもたちの健康に配慮する内容にすべき。

   戻る    トップページに戻る    このページのトップに戻る

Design & copyright (C) 2007.宮地和夫後援会 All Rights Reserved